予算別の大阪旅行の楽しみ方

ツアーバス8

大阪市内には、年間来場者数が急増中のUSJをはじめとして魅力的な観光スポットがあります。そして、府全体で考えても数えきれないほどの名所かあるため、関西地方の中で大阪は京都と並ぶ人気観光地の座に君臨しています。

場所的には日本の列島のほぼ中央に位置しているため遠方からでも旅行をする事が可能です。そんな大阪の予算別のおすすめ移動手段・節約の仕方などをご紹介します。


予算1万円の大阪旅行

ツアーバス13

もし予算が1万円しかなくても、よほど遠い場所から向かう場合を除き、交通手段等を工夫する事でかなり充実した大阪旅行が実現します。まず、時間はかかりますが新幹線ではなくて高速バスに乗る形をとれば、幅広い地域から往復5000円程度の運賃で移動できます。

例えば、平日であれば大阪から400km離れている東京(東京駅・新宿駅)からでも高速バス運賃は片道2500円・往復5000円前後です。

東京-新大阪の新幹線往復運賃は3万円弱である事を考えると、この差はかなり大きいものといえます。ちなみに高速バスに乗る場合、東京から大阪までの所要時間は9時間前後のため、夜にバスで車中泊する形の夜行便が大半です。

前日夜に出発する夜行便に乗って大阪に向かって翌朝から1日大阪を満喫したのち、どういった宿泊施設に泊まるかについては2つのプランがあります。

ネット通信環境や飲食環境が整っているところが良い場合は、ネットカフェのナイトパックを利用するのが良いでしょう。もう一つのプランとしては、大阪市内には1泊1500円程度で泊まれる安宿が密集した地区があります。

こういった安宿は部屋が狭く、ネット環境・ドリンクバー・個室内の風呂といったものも存在しませんが、完全な個室に泊まりたい場合は宿泊先としておすすめです。東京からの1泊旅行を計画する場合、高速バスの往復運賃(約5000)円・安宿の1泊料金(約1500円)の合わせても、予算が1万円あるならば、まだ3500円残ります。

これだけのお金があれば、電車・バスにもある程度自由に乗れますし、大阪の名物グルメも満喫できます。

(新幹線を利用し現地ではホテルに泊まる形の大阪旅行にかかる費用とは?)

予算5000円の大阪旅行ができる地域もあり

大阪旅行をする場合は基本的に1万円くらい予算が必要になりますが、近場であれば5000円の予算でも日帰り旅行をする事が可能です。例えば、名古屋から大阪に高速バスで向かう場合、所要時間は約3時間で運賃は合計3000円ほどで済みます。

そして、現地で入場が有料となるような観光地は一切訪れずに無料で済むスポットだけを電車・バスではなく徒歩で廻り、現地でかけるお金は食費のみとします。この形であれば、大阪名物グルメは単価が安いものが多いため、約2000円のお金を使って思う存分、美味しいものを堪能する事が出来ます。

さらに、家であらかじめ弁当を作り、水筒に飲み物を入れて現地で一切食費をかけない形をとる場合、近場からの予算3000円の日帰り旅行は決して不可能ではありません。なお、近場からの高速バスはすぐに着いてしまうため昼行便が基本です。

しかし、名古屋からであれば0時前後に出発し、休憩を挟みながら6時間くらいかけて翌日の早朝に大阪に到着するような夜行便も存在します。そのため、大阪で出来る限り長く過ごしたい場合は、前日夜に出発する夜行便に乗るのも手です。

逆に朝に出発して夜遅くまで大阪に滞在していたい場合、大阪を深夜0時前後に出発する夜行便に乗車する手を使えば、現地での宿泊費はかかりません。

予算2万円の大阪旅行(人気テーマパークにも行ける)

高速バスを利用する場合、2万円の予算があればかなり豪華な1泊の大阪旅行が実現します。まず、予算1万円では入場料が高い人気観光地・行楽地に入場できませんが、2万円あると大体の有料スポットに入場する事が出来ます。

わかりやすくいうと、まず此花区のUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のワンデーパスを買えますし、お笑い劇場で開催されるライブに行く事も可能です。なお、USJは昼だけでなく夜も楽しめるテーマパークのため、せっかくワンデーパスを買った以上は、1日中パークに滞在してみる事をおすすめします。

ちなみにUSJワンデーパスの大人料金は約7000円のため、残りのお金を考えると安いビジネスホテルやネットカフェに泊まる必要はありません。ある程度グレードの高いホテルに1泊しても、トータルコストを2万円以内に抑えられます。

USJワンデーパスの値段の高さがどうしても気になる場合は、USJチケット付きのバスツアーに参加するという方法もあります。

(大阪旅行でusjに行くなら、usjチケット付きプランはどう?)

予算3万円の大阪旅行(高速バスを利用するなら数日間滞在していられる)

予算3万円の場合、例えば東京から新幹線を利用した大阪旅行をすることはできません。しかし、名古屋・岡山・広島といった近い場所からであれば、新幹線の往復運賃は2万円以内であるため、新幹線で日帰りまたは1泊の旅行をする事が出来ます。

また、東京からでも格安航空券をうまく利用すれば、大阪日帰り旅行を実現させる事は十分可能です。その他、高速バスを利用して交通費を節約する形をとると、予算が3万円もあると大阪に3日・5日などある程度長期間滞在していられます。

さらに、行楽費・宿泊費にお金をかけない形であれば、1週間くらいの長期旅行をする事も不可能ではありません。

(友達といく大阪旅行でおすすめのスポット)

予算5万円あれば幅広い地域から新幹線を利用できる

大阪へ旅行に行くにあたって、5万円の予算があれば、かなり幅広い地域から高速バスではなく新幹線で大阪に向かう事が出来ます。

具体的には、指定席に座った場合の新大阪駅までの往復運賃は、東京駅から約2.8万円・博多駅から約3万円・鹿児島中央駅から約4.4万円です。

鹿児島中央駅から、新大阪行きの新幹線「さくら」に乗車した場合、4時間で直通ですが往復運賃を考慮するとそんなに豪華な旅はできません。しかし、東京や大阪からであれば、交通費に約3万円使っても、まだまだお金が残っているため様々な楽しみ方をできます。

例えば、入場料が高い観光地・行楽地もある程度廻れますし、短期旅行であれば安宿に泊まる必要もありません。逆に現地でかかるコストを工夫して節約すれば、新幹線の旅であっても、1週間くらい滞在する旅も実現します。

予算7万円なら遠方からでも長く滞在していられる

鹿児島中央駅から新大阪に向かう場合、乗り換えなしで到着するものの往復運賃が4.4万円もかかるため、豪華な大阪旅行は実現しません。しかし、7万円あれば、鹿児島から来る場合でも現地で節約とは無縁の充実した旅行ができます。

また、東京駅での乗り換えが必要になりますが、仙台・八戸・新青森駅あたりから大阪に向かう場合でも、短期旅行をする場合、7万円の予算があれば十分です。